マネックス証券

スポンサーリンク
投資

【先週比+239,508円】24年4月13日の資産状況

24年4月13日時点の資産状況です。先週比+239,508円です。 3月CPIは市場予想を上回る結果。 そしてPPI総合は市場予想を下回り、コアは市場予想を上回る結果。 インフレ懸念が再熱です。 中東情勢の緊張が高まりリスクオフ。 決算シーズンに入り銀行株も冴えず。 そして米国納税日が4/15・・・ 売り材料ばかりの週でしたね。 ドル円は円安が進み資産としては増加していました~!!
投資

【先週比-53,885円】24年4月6日の資産状況

24年4月6日時点の資産状況です。先週比-53,885円です。 ISM製造業景況感指数は市場予想を上回る結果。 久しぶりに50を超えです。 一方、IM非製造業景況感指数は市場予想を下回る結果。 雇用関連の経済指標では、先週末に発表された雇用統計は市場予想を大幅に上回る結果。 失業率は先月比低下、平均時給は先月比上昇、前年比4%を超える上昇です。 中東情勢の地政学的な緊張も意識され原油価格も続伸。 米国の納税日が4/15ってのもあり、軟調な米国相場でした。
投資

【先月比+660,357円】24年3月末の資産状況

24年3月末時点の資産状況です。先月比+660,357円でした。 ISMサービス景況指数は市場予想を下回る結果。 雇用統計は失業率は4%手前、平均時給は低下です。 米国の労働市場は若干、弱くなっている? CPI、PPIは市場予想を上回る結果。 原油WTIも上昇し、インフレ懸念が再熱です。 注目が集まったPCEは市場予想通り、この流れは2月と同じでした! FOMCでは金利据え置き、24年の利下げ3回を示唆。 サプライズも無く株価は上昇です!!
投資

【先週比+16,832円】24年3月30日の資産状況

24年3月30日時点の資産状況です。先週比+16,832円です。 実質GDPは改定値から上昇。 個人消費、設備投資も上昇です。 耐久財受注は市場予想を上回る結果、設備投資も回復傾向? 米国経済は堅調です。 PCEデフレータは市場予想通りの結果。 注目が集まる指標だっただけに一安心?です
投資

【先週比+550,561円】24年3月23日の資産状況

24年3月23日時点の資産状況です。先週比+550,561円です。 パウエル議長の発言では金利据え置き、24年の利下げ回数は3回。 重要イベントであるFOMCを消化し強気相場継続です。 新規失業保険申請件数は市場予想を下回る結果、米国労働市場は堅調です。 製造業PMIは市場予想を上回り、サービス業PMIは市場予想を下回る結果。 両指数節目である50超えです! 原油WTIの上昇もありインフレ懸念が再熱しそうです・・・
投資

【先週比+57,144円】24年3月16日の資産状況

24年3月16日時点の資産状況です。先週比+57,144円です。 CPI、PPIは市場予想を上回る結果。 原油WTIも上昇中~ インフレ懸念再熱しそうな気配ですね・・ そして小売売上高は市場予想を下回る結果。 個人消費が弱まわっている?スタグフレーションの懸念も・・・ 今週のFOMCでパウエル議長がどんな発言するのか注目ですね。
投資

【先週比+35,820円】24年3月9日の資産状況

24年3月9日時点の資産状況です。先週比+35,820円です。 先日のNVDAの決算発表に続き、SMCIがS&P500に採用され大幅上昇! 再び1000ドルを突破、半導体銘柄が株価を支えていますね。 パウエル議長の発言は想定通りの内容でした。 ISMサービス業景況感指数は市場予想を下回る結果。 雇用指数、仕入れ価格は下落です。 そして雇用統計が発表され非農業部門雇用者数は市場予想を超える結果。 しかし失業率は4%手前に上昇、平均時給は低下。 米国の労働市場が弱くなってる?
投資

【先月比+793,859円】24年2月末の資産状況

24年2月末時点の資産状況です。先月比+793,859円でした。 ISMサービス景況指数は市場予想を上回る結果。 雇用統計は失業率は低下、平均時給は上昇です。 米国の労働市場は堅調です。 CPIは市場予想を上回る結果、サービス価格が上昇です。 そしてPPIも市場予想を上回り、インフレ懸念が再熱です。 注目が集まったPCEは市場予想通り、上振れ懸念が払拭されました。 NVDAの決算が好感され株価は16%を超える上昇、AI需要が拡大。 半導体株、大型ハイテク株が上昇し、1月に引き続き米国3指数が好調な月でした。
投資

【先週比+36,914円】24年2月24日の資産状況

24年2月24日時点の資産状況です。先週比+36,914円です。 NVDAは力強い決算を好感され株価は16%を超える上昇でした。 決算まで軟調だった半導体銘柄は息を吹き替えましたね。 FOMC議事要旨では利下げ時期は明記されず。 早期利下げ期待も下がり米国国債10年利回りが上昇。 総合PMIは市場予想を下回ったものの50を超える結果。 サービス業PMIも下回り、製造業PMIは上回り強弱ありつつも50を超える結果。
投資

【先週比+228,758円】24年2月17日の資産状況

24年2月17日時点の資産状況です。先週比+228,758円です。 CPI、PPIともに市場予想を上回る結果。 サービス価格も上昇し、インフレ懸念が再熱です・・・ 小売売上高は市場予想を下回る結果。 季節性もあるとの事ですが、個人消費が弱まると米国企業の売上にも影響が・・・ 本日月曜日は米国市場もお休み、今週はNVDAの決算です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました